BMIを求める式はどの国にも共通していますが、値の評価基準は国単位で異なっており、
(社)日本肥満学会ではBMI値22が標準体重、BMI25以上の場合は肥満、
18.5未満を低体重と決めています。

 

アメリカやヨーロッパ各国においては、新しい薬の特許が切れた約30日後には、
市場の約8割がジェネリック医薬品(後発医薬品)に替わる薬もある位、
ジェネリック医薬品(Generic drug)は地球上に親しまれています。

クモ膜下出血(SAH)とは実に8割以上が脳動脈りゅうという血管が変形してできる
不要なコブが裂けてしまう事によって罹患してしまう死亡率の高い病気として
認識されるようになりました。

 

不整脈である期外収縮は、病気でなくても見られることがあるのでさほど
深刻な疾病とは限らないのですが、同じような発作が立て続けに出る場合は危ないといえます。

ストレスがかかり、溜まっていくシステムや、有用なストレス緩和策など、
ストレス関連の初歩的な知識を勉強している人は、現時点ではさほど多くはありません。

生活習慣が主因の2型に対し、1型糖尿病という病気は、
膵臓(すいぞう)に存在しているインスリンを分泌する働きを持つβ細胞が
何らかの理由で破壊してしまったことにより、
残念なことに膵臓からインスリンが微々たる量しか出なくなることによって
発病するという生活習慣とは無関係の糖尿病です。

昨今、若い世代で感染症の一種である結核に抗えるだけの免疫の無い
人々の割合が高いことや、早合点のせいで受診が遅れることに縁る集団感染や
院内感染が多くなっています。

脳内のセロトニン神経は、自律神経を調整したり痛みの鎮圧、
色々な覚醒などを支配しており、単極性気分障害(うつ病)の方では
その動きが鈍いことが証明されている。

体脂肪の量(somatic fat volume)は変動がなく、
体重だけが飲食や排尿などで短時間で増減する時は、
体重が増加した方は体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat)は低下し、
体重が減った方は体脂肪率が上昇するのです。

明るくない場所では光不足によりものが見づらくなりますが、
より一層瞳孔が開くため、目の水晶体のピントを合わせるのに多くの力が必要になってしまい、
日の差す所で物を見るよりも疲れやすいです。

食中毒を起こすことで有名なブドウ球菌(スタフィロコッカス)は
パープルに染色されるグラム陽性球菌で、
大別すると毒力が極めてきつい黄色ブドウ球菌(英:staphylococcus aureus)と
一方は毒素の微弱なコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococci)
の2種になります。

目と目を合わせることで、入居者がセラピーアニマルのことをすごく愛おしいと感じた時に
「優しさのホルモン」ともいわれるオキトキシンが多く分泌されて、
ストレスを減らしたり心の癒しに繋がっていくのです。

強い痛みを伴うヘルニアとは正しくは「椎間板ヘルニア」といい、
背骨の間に存在するクッション的な役目を持っている椎間板(ツイカンバン)と
いう柔らかい円形の組織が飛び出てしまった様子のことを示しています。

生殖器である前立腺はその生育や活動にアンドロゲン、
即ち男性ホルモンが大きく関係しており、前立腺に現れたガンも同様に、
雄性ホルモンの影響で肥大化してしまうのです。

HIVを保有した精液、血液、唾液、母乳、腟分泌液といった類の体液が、
交渉相手や看病する人などの粘膜や傷口に触れることで、
HIVに感染する危険性が大きくなってきます。

500以上もの働きを持つ肝臓に脂肪やコレステロールが付着した状態の脂肪肝
(steatosis hepatis)という病気は、動脈硬化や肝硬変などの多種多様なトラブルの
原因となる可能性があるのです。

収縮期血圧が140を超える高血圧が長期間続くと、血管に強い負荷がかかり、
身体中至る所の様々な場所の血管に障害が生じて、合併症になる可能性が大きくなるのです。

「肝機能の悪化」については、血液検査項目のGOTやGPT、
γ-グルタミルトランスペプチダーゼなど3種類の数値で確認できますが、
ここ数年の間に肝機能が衰えている日本人の数が増加傾向にあると言われています。

AIDS(エイズ)とはHIV、つまりヒト免疫不全ウイルスの感染が
原因となって引き起こされるウイルス感染症の病名であって、
免疫不全を招き些細な病原体による日和見感染や悪性腫瘍等を発症する病状
そのものの事を称しています。

侮ってはいけないインフルエンザに適応した予防テクニックや
処置を含めた必然的な対処策というものは、
季節性のインフルエンザであっても未知なる新型のインフルエンザでも
ほとんど変わらないのです。

悪性腫瘍である卵巣ガンは、通常ならば人の身体を癌から守る役割を持つ物質を
生成するための鋳型ともいえる遺伝子の異常が引き金となって発病する病気だと
いうことが分かっています。

体脂肪量には変動が見られないのに、体重が食事や排尿等で短時間で増減する場合は、
体重が増えた方は体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat)は低下し、
体重が減れば体脂肪率が上がることがわかっています。

3つのアミノ酸から成るグルタチオンには、
細胞の機能を下げたり突然変異を招く悪影響を及ぼす物質を身体の中で解毒し、
肝機能を促進する性質が判明しています。

むねやけが特徴の逆流性食道炎は、4日前後処方薬を飲めば、
大抵、9割前後の患者さんの自覚症状は治まりますが、
食道の粘膜の腫れや発赤などの炎症が引いたわけではないようです。

チェルノブイリ原発の事故に関する数十年に及ぶ追跡調査の結果をみると、
大人よりも体の小さい未成年のほうが飛来した放射能の良くない影響をよく
受容することが分かるのです。

肝臓を健やかに保持するためには、肝臓の毒素を分解する力が衰退しないようにする、
要するに肝臓を老けさせない対処法を実行することが必要なのです。

スギの木の花粉が飛散する季節に、まだ小さなお子さんが発熱はみられないのに
頻繁にくしゃみをしたり水っ洟が出続ける状態なら、
その子は『スギ花粉症』かもしれないのです。

 

バドミントン上達革命~トップ選手になりたい中・高校生へ~

【埼玉栄男子バドミントン部コーチ 山田秀樹 監修】

 

男性だけにある内臓の前立腺は活動や成長にアンドロゲン
(男性ホルモン)がとても大きく関連していて、前立腺のガンも同様に、
アンドロゲン(雄性ホルモン)の影響で肥大化します。

30才代で更年期になったら、医学的な言葉で表現すると
「早発閉経(そうはつへいけい・POF)」という女性疾患に当てはまります
(この国では40歳未満の比較的若い女性が閉経する症状のことを
「早期閉経」と呼んでいるのです)。

トコトリエノールの作用の中では酸化を防ぐ作用が一際認知されてはいますが、
この他にも美肌作用や、血清コレステロールの生産を抑制したりすることが知られています。

加齢に伴う耳の聞こえにくさにおいては緩やかに聴力が低下するものの、
多くの場合は60歳を超えないと耳の老化をはっきりと把握できないものです。

チェルノブイリ原発の爆発事故に関する数十年に及ぶ追跡調査の結果によると、
体の大きな大人よりも体の小さな子供のほうが飛散した放射能の深刻なダメージを
より受けやすいことが理解できます。

よく耳にする心筋梗塞というのは心臓の周囲を走る冠動脈の動脈硬化によって
血管内が狭まり、血液の流れが途切れ、必要な酸素や栄養が心筋に配達されず、
筋肉細胞自体が壊滅状態になってしまう大変深刻な病気です。

UV-B波は、UV-A波に比べると波長が短いという特徴があるため大気中の
オゾン層を通過する際にその一部が吸収されるのですが、
地表に達したUV-B波は肌の表皮の内側で細胞のDNA(Deoxyribo Nucleic Acid、遺伝情報)
を傷つけてしまうなど、肌に良くない影響をもたらすのです。

素人が外から眺めただけでは折れているのかどうか自信がない場合は、
負傷した所の骨を優しく触ってみてください。

もしその部位に激しい痛みが走れば骨折かもしれないので、すぐ整形外科を受診しましょう。

基礎代謝量(きそたいしゃりょう)は就寝中ではない状態で生命活動を保つ
(鼓動、鼻からの呼吸、腎臓の様々な機能、体温や筋緊張の維持等)
のに外せない基礎的なエネルギー消費量のことを指しています。

脳卒中のクモ膜下出血は9割近くが脳動脈りゅうと呼ばれる脳内の血管にできる
コブが破れることによりなる病だということを多くの人が知っています。

薄暗い所だと光量不足により見辛くなりますが、より瞳孔が開くので、
水晶体のピントを合わせるのに不必要なパワーが使用されてしまい、
結果的に明るい場所でモノを眺めるよりも疲労が大きいのです。

物を食べる時は、次に食べようと思った物をなんとなく口に運んで
約20回噛んで後は嚥下するだけだが、その後身体は本当に健気に働いて
異物を身体に取り込むように励んでいるのだ。

まず間違いなく水虫といえば足をイメージし、
特に足指の間にできる皮膚病だと間違えられやすいのですが、
白癬菌にかかるのは足に限定されているわけではなく、
人の体ならどこにでも感染する可能性があるので気を付けましょう。

肝臓を健康な状態に維持するためには、肝臓の解毒作用が衰退しないようにする、
分かりやすく言えば、肝臓を老けさせない対策に地道に取り組むことが必要なのです。

体を維持するのに必要なエネルギーとして速攻で役立つ糖質、
人の細胞の新陳代謝に欠かせないタンパク質など、
激しい痩身ではこんな活動を維持するために欠かすことができない
栄養素までも減少させてしまっている。

下腹部の強い痛みが主訴となる主な病気には、盲腸と間違われやすい大腸憩室症、
腎や膀胱などの尿路結石症、潰瘍性大腸炎(UC)、
腹部の外傷で発症することもある急性腹膜炎、女性特有の病気など、
色々な部位の病気がみられるようです。

チアミン不足が原因の脚気の症状は、
主に手や足がマヒしたり脚のむくみなどがよく見られ、病状が進むと、
重症の場合、呼吸困難に至る心不全を誘引する可能性があるようです。

杉花粉症などの病状(鼻みず、鼻詰まり、くしゃみ等)のために夜しっかり睡眠を取れないと、それが主因で慢性的な睡眠不足になり、次の日起きてからの業務の遂行にダメージを与えることもあります。

期外収縮は、健康な場合でも出ることがあるので珍しい心臓の病気とは限らないのですが、
発作が数回に渡って次から次へと起きる場合は楽観視できません。

狭心症(angina pectoris)の外科手術では大体「大動脈内バルーンパンピング法」
に加えてグラフトを用いる「冠動脈バイパス手術(CABG)」
の2種の技法が高い確率で扱われています。

エイズウイルス、すなわちHIVを持っている血液や精液、母乳、腟分泌液、
唾液といったいたる所の体液が、看病する人等の粘膜や傷口等に接触した場合、
HIV感染の可能性が高くなってくるのです。

ストレスがかかり、溜まっていくシステムや、有用なストレス対策法など、
ストレスに関わる適切な知識を保持している方は、さほど多くはありません。

よく耳にする心筋梗塞というのは心臓の周囲を走る冠動脈の動脈硬化によって
血液の通り道である血管の内腔が細くなってしまい、血液の流れが止まって、
大事な酸素や栄養が心筋に送られず、筋繊維が死んでしまう危険な病気です。

下腹の激しい痛みの元凶となる病には、虫垂炎と間違われやすい大腸憩室症、
腎などに石ができる尿路結石症、大腸粘膜にびらんができる潰瘍性大腸炎、
腹膜に炎症が起こる急性腹膜炎、子宮の病気などの病名が挙がるようです。

ヒトの耳の内部構造は、外側から順番に「外耳」「中耳(ちゅうじ)」
「内耳(ないじ)」の3種類に分類されますが、
中耳のところに黴菌やウィルスなどがくっ付いて炎症が誘発されたり、
液体が溜まる病気を中耳炎と言うのです。

現在まで採用されてきた生ワクチンにかわる新しい手段として、
2012年9月から厚労省が接種を推奨する定期接種集団接種ではなく
病院などの医療機関で個々に接種してもらうスケジュール管理の必要な
個別接種のスタイルに変わりましたのでご注意ください。

うす暗い場所では光不足によってものが見えにくくなりますが、
より一層瞳孔が開くため、眼球のレンズのピントを合わせるのに不必要な
パワーがかかってしまい、
結果的に日の差す場所で物を見るより疲れるのが早くなるといえます。

バイ菌やウィルスなどの病気を連れてくる微生物、
即ち病原体が呼吸とともに肺の中へ入り込み感染してしまい、
左右どちらかの肺が炎症反応を示した様子を「肺炎」と総称しています。

脳内にある5-HT神経は、自律神経を調整したり痛みを鎮圧し、
色々な覚醒などをコントロールしていて、
気分障害(鬱病)の人はその活動が減少していることが証明されている。

骨を折って酷く出血した場合に、急に低血圧となってめまいやふらつき、
冷や汗、吐き気、顔面蒼白、気絶などの脳貧血の症状が出てくる場合があります。

3種類のアミノ酸からできているグルタチオン(GSH)には、
細胞の機能を低下させたり突然変異を誘発する人体に有害な物質を体の内部で無毒化し、
肝臓の能力をより強化する能力が確認されているのです。

万が一婦人科の検査で現実問題としてエストロゲン・ゲスターゲンの分泌量が
少なくて早期閉経(premature menopause)と判明した場合は、
少ない女性ホルモンを補ってあげる処置等で改善できます。

強い痛みを伴うヘルニアは正しくは「椎間板ヘルニア」といい、
背骨と背骨の間に存在してクッション的な役目をする椎間板(ツイカンバン)
という名称の柔らかい円形の線維軟骨が飛び出した様子のことを示しています。

バドミントン上達革命~トップ選手になりたい中・高校生へ~

【埼玉栄男子バドミントン部コーチ 山田秀樹 監修】