スポーツ

ソフトテニス上達革命と前衛後衛練習 まとめ

投稿日:2018年4月28日 更新日:

 

ソフトテニス上達革命と前衛後衛練習 まとめ

 

ソフトテニス上達革命
【文大杉並高校ソフトテニス部監督 野口英一 指導・監修】DVD3枚組

https://jr-tennis-dvd.com/soft-noguchi/info/
--------------------------------------------------

ソフトテニスの高校3冠、国体2連覇、
インターハイの個人・団体2連覇・皇后杯制覇を成し遂げた
林田選手・宮下選手のプレーをモデルに、
ソフトテニス上達の秘訣
を徹底解説したDVDです。

なんといっても凄いのが監修である野口英一さんの
指導者としての実績にあります。

指導した日野市立日野第二中学校は
学校にソフトテニスをプレーするためのコートすらなく、
部員は全員が初心者という状況でした。

しかし野口先生が指導を始めてわずか2年で
東京都の新人戦にて女子が個人戦で優勝、
団体優勝を果たしました。

さらにその後全国優勝まで成し遂げています。

まさに非常識を常識にする指導法です。

この商品にはその全てが詰まっています。
ここまでのインパクトの強い商品はなかなかありません。

ソフトテニス上達革命
【文大杉並高校ソフトテニス部監督 野口英一 指導・監修】DVD3枚組

公式ページ

https://jr-tennis-dvd.com/soft-noguchi/info/

 

 

 

 

 

 

 

 

・上達速度を倍にする方法

 

成長は目に見えないので、それを感じることができません。

繰り返し練習しなければならない。

しかし、限界に挑戦することによって、成長の機会を増やすことができます。

上達をさらに加速させるためには、毎日限界を少しずつ乗り越えるのが良いでしょう。

限界を超えてそれ以上続くことはないので、継続できる範囲内であればOKです。

 

 

 

 

・ソフトテニス「最速で勝つ」コンセプト

 

 

ゲームでは、打ちまくる方が強く見えますが、実際にはミスの少ない方が勝ちます。

ベースラインの外側から打つとき、最も強く意識することはをミスはいけないと考えてみましょう。

ベースラインの中では不可能ではない範囲で攻撃しましょう。

今、勝利のパーセンテージはガンと上昇するでしょう。

 

 

 

・試合にボレーできないときの練習法

 

 

あなたがボレーに出ることができないときに何をするか

「1つに絞って、思い切って出る」

これだけ

最初からコースを読むことができる人はいません。

とにかくボレー、抜かれた後に考えてみましょう。

それでは、 "ゲームで動くことができない"ということはありません。

ミスが多い場合は、そこから基本を練習してください。

 

 

・ソフトテニスが上手くならない

 

成功するためには、練習、つまり努力するだけです。

まだ多くの時間を持っています。

あなたが今勝つことも重要です。

最後に、それが一番手になれるかもしれません。

最後に何が起こるか分からない。

いくつかの開業医はこれまで報酬を与えられていますが、

一部の人々は決して幸せな結果に終わらない。

後悔しないでください。

 

 

 

・ソフトテニス スライスサーブをヒットさせるか

 

上の旋回と内側の旋回の動きには勢いがあるので、ラケットを引き出す方向に旋回させます。

スライスのスイング

右上の方向にスイングしよう。

またはそれを右側に振ります。

腕時計を見ながら、同時に右に斜めにスイングします。

慣れるのは難しいと思いますが、動きをマスターしてください。

間違っても手首を回転させないでください。

あなたの手首にそれを置くと、あなたが緊張しているときの気持ちは分かりません。

また、スピードが危機に瀕していないので、それは腕時計を見るための動きでやってみるのがコツです。

 

 

・ソフトテニス 一人でも帰って練習したい。

 

素振り

まず第一に、それは王道の素振りです。

これは、ソフトテニスを始めたばかりの方にとって非常に重要な運動です。

突然美しいフォームでラケットを振ることができる人はいません。

誰もが最初は少しは厄介なものです。

それは滑らかで美しくするのがに素振りです。

単純にラケットを振ることだけではないです。

初心者向けの練習方法では、スイングの方法について紹介しますので、参考にしてみてください。

 

ソフトテニス上達革命
【文大杉並高校ソフトテニス部監督 野口英一 指導・監修】DVD3枚組

 

ボール付き

初心者が自由な時間に利用できるなら、これは良い練習です。

それはラケットでお手玉のようにボールを打つのを続ける習慣です。

この練習の良い点は、ラケットとボールがあれば部屋でもできることです。

初心者にとっては、ボールとラケットに慣れることも重要です。これはそのための練習になります。

あなたがそれに慣れている場合は、ボールを転がすか、最終的にはラケットの端にボールを当てようとします。

ところで、ラケットの端でボールを打ち続けることは、経験を積んだ選手にとっても非常に困難です。

これを行うことができれば、常にスウィートスポットでボールを打つことができます。

壁打ち

素振りと同じくらいコートの外の練習としての王道です。

壁打ちといえば、ストロークの練習のように思う人が多いかもしれませんが、ボレーやスマッシュも練習することもできます。

バレーボールとスマッシュの壁打ちがこのページにあります。

 

ソフトテニス上達革命
【文大杉並高校ソフトテニス部監督 野口英一 指導・監修】DVD3枚組

 

 

壁打ちをする前に注意したいことがあります。

それがフォームがある程度安定しているかどうかです。

フォームが固っていない間に壁打ちを行うと、意識がボールを叩くことに集中し、フォームが崩れます。

その結果、きれいなフォームではなくクセのあるフォームになるかも知れません。

壁打ちをする時は、素振りの基本的なフォームをマスターしましょう。

 

 

 

 

ソフトテニス上達革命
【文大杉並高校ソフトテニス部監督 野口英一 指導・監修】DVD3枚組

株式会社トレンドアクア
〒108-0023 東京都港区芝浦3-14-19 大成企業ビル6F TEL 03-6869-5568

 

 

 

-スポーツ

Copyright© ソフトテニス上達革命で強くなり試合で勝てるのか?口コミ、効果は? , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.