音楽

オーボエを上達するために乗り越えなければならない3つの壁

投稿日:

 

オーボエを上達するために乗り越えなければならない3つの壁

・息が苦しい

・音程が悪い

・指使いが難しい

この壁を、バッチリ解決できるとしたら、どうしますか?

 

 

ギネスブックにも認定された「世界一難しい楽器」=オーボエ。

ですが、その音色がとても好きという方は多いです。

ただ、いかんせん難しい。

何が難しいのかというと

・吹いていると、どんどん息苦しくなる

・指使いがややこしい

・音程が狂いまくる

・高い音がどんどんチャルメラになる

などなど。

 

実は、息苦しくなるのは、「息が余っているから。」

意外と知らないまま、顔を真っ赤にして吹いている方を

お見かけすることがありますが・・・。

これは酸欠状態になっているので、はやく息を吐いて、

新しい空気を吸わなくてはなりません。

オーボエの音程が狂うのは、基準の音がそもそも

間違っている、と言うのです。

オーボエで基準にするのは「ラ」の音が一般的なのですが

それこそが、音程が狂う原因なのです。

オーボエの音色は独特の美しさがあります。

他の楽器にはない魅力がありますよね。

ですが、なかなか教えてくれるところがないのも事実です。

オーボエという楽器はとても特殊で、教室に通おうと思っても

教えてくれる人があまりいません。

首都圏ならどうにか探せばいるかもしれませんが、地方になるともうお手上げ状態です。

ですから、オーボエの教材というのも、ほぼありません。

音楽好きな方に、密かなファンが多い楽器。

それが「オーボエ」です。

オーボエの音は独特で、とても儚い音から力強い美しい音色まで

幅広く表現できます。

オーケストラではなくてはならない、人気の楽器です。

ですが、実際に吹いている奏者が少ない楽器でもあります。

なぜなのか?

実は、ギネスブックにも認定された「世界一難しい楽器」。

それがオーボエです。

音色がとても好きという方は多いのですが、実際に吹くとなると

なかなか難しいんですね。

もしかしたら、あなたも「吹いてみたいが、習えるところも無いし」

と諦めていませんか?

難しい理由というのは具体的に挙げられるんですね。

ということは、この「難しい理由」を解決できたなら、

あなたにも憧れのオーボエを吹くことができるのです。

そこで、今日はこの「難しい理由」を解決できる方法をお教えしたいと思います。

まず、息苦しくなるのは、「息が余っているから。」

意外と知らないまま、顔を真っ赤にして吹いている方を

お見かけすることがありますが・・・。

これは酸欠状態になっているので、はやく息を吐いて、

新しい空気を吸わなくてはなりません。

ですが分からないと「息が足りない」と勘違いしてしまいます。

そして「吹けない」「難しい」となってしまうのです。

同じように、他の「難しい理由」も理屈が分かれば解決できるものばかりなんですね。

ですが、それを教えてくれる人がいなかったのです。

オーボエの美しい音色を手に入れるための上達講座1~3弾セット

 

-音楽
-, , , , , , , , , ,

Copyright© ソフトテニス上達革命で強くなり試合で勝てるのか?口コミ、効果は? , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.